縁の下の力持ち

家具製作でステンレスロッドと木材を使って、細身でシンプルな棚を作る過程です。
細いロッドを溶接して組む・・・ジュジュとすれば出来上がり!!ではありません。
一点を溶接すれば、ひずみが出て狂いが生じます。
見た目は単純な四角形でも手間がかかります。
職人は、それを矯正しながら、少しづつ進めていくのです。

私達の設計を出来る限り正確に具現化しようと努力してくれ
現場を訪れると、いつもありがたく感じます。
e0194978_18114787.jpg
e0194978_18115539.jpg

[PR]
by icinc | 2009-12-10 18:13