2014年 02月 08日 ( 1 )

断熱材の紹介

 数日、徳島にも雪が降って冬のピークって感じですね。
そんな寒い冬でも、快適に暮らすために重要なのが断熱材です。
そこで、弊社で実際に採用した吹付け断熱材について、少し紹介したいと思います。
グラスウールやロックウールのようなマット状ではなく、
吹付けて泡状にモコモコと固まって、洋服で言うと住宅が、ダウンジャケットを着るようなイメージですね。
たとえが悪いか・・・
まっ。要するに断熱性が高いのです。冬は暖かく夏は涼しく過ごせます。
費用は上がってしまいますが、はじめから計画で工夫したり調整してやればいいと思います。
暖房費や冷房費、ストレスを感じることも少なくなりますし、オススメです。

e0194978_18523718.jpg

職人さんが、吹付けるとモコモコと隙間が埋まっていきます。

e0194978_18535161.jpg

壁も屋根裏も、住宅全体を断熱材で包んでしまいます。
この後、室内側へは、防湿層、空気層、耐火ボードと
さらに断熱性と気密性を上げていき、仕上げ材となります。
この住宅では、各部屋の好みと目的などにより
珪藻土、杉板張り、桧板張りなどの仕上げとなりました。
[PR]
by icinc | 2014-02-08 19:43